スノーボードのスタンスとアングルの決め方について

スノーボード

こんにちは。ざびえるです。今日はスノーボードのスタンスとアングルについてご説明します。

皆さんはスノーボードをする際どのようなセッティングをしていますか?

スノーボードにはカービング、フリースタイル、 グラウンドトリック など様々な滑り方がありますが、その中でも正しいセッティング方法や知識があるとより効率的に上達することができます。

今回はスノーボードのスタイル別のスタンスとアングルについてご説明します。

スポンサーリンク

スタンスとは 

スタンス幅とも呼ばれますがスタンスとは左足と右足の間の長さのことを言います。 メーカーから様々なスノーボードの板が販売されていますがそのほとんどはビンディングと板を固定するためにネジを締める穴が開いています。その穴の近くに数字が書いていると思いますが、この数字を見てスタンス幅を決めるのが一番楽だと思います。

スタンス幅が長いと 両足の枝が広がるためグランドトリックやスロープスタイルなど板をしならせたりジャンプをして着地をしたりする際に安定します。

また板を捻る動きができるので レールやボックスをする際に足先で細かい動きをすることができます。

スタンス幅が短いと、 板へ力を伝えることがしやすくなりますし、筋肉がなくてもスノーボードの板に力を伝えることが容易になります。主にカービングをする人やアルペンなどのレーサーの人はスタンスが短い人が多いです。

スタンスが広いことのメリットはジャンプをした際に着地で安定しやすいことがありますがデメリットは板を捻る動きをする際に力が必要になることです。

反対にスタンスが短いことのメリットはカービングやアルペンボードに乗る際に操作がしやすくなることと板を捻る動作がやりやすくなりますがジャンプやスノーボードのパークに入る際は着地やアイテムに入る際に多少を操作しづらくなります。

どのようなスタンスが良いというわけではなく個人の滑走スタイルやレベル楽しみ方によってスタンスが変わるということを 覚えておいてください。

「フリースタイルだからスタンス幅は広めの方がいい」

または

「テクニカルだからスタンス幅は短い方がいい」

という極端なことではありません。

また先ほど板のビンディングを止める穴の近くに数字が書いていると お伝えしましたがメーカーからは推奨スタンスと言われるスタンス幅が板に記載されているのでよっぽどの好みがない限り推奨スタンスで問題はないかなと思います。

スタンス幅と言っても板の長さによってある程度幅は決まってくるのでどちらかと言うとスタンス幅よりも板の長さを自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。

アングル

次にスノーボードのアングルについてご説明します。

アングルとはビンディングの角度のことを言います。ビンディングを板に固定する際にビンディングの中にディスクプレートと呼ばれるお皿のようなパーツが入っています。ディスクプレートを用いることでビンディングと板を固定することができるのですが、ディスクプレートにはメモリがついているのでこのメモリを見ながら角度を変えていきます。

初心者に最も多いのがビンディングを逆ハの字の形にしたようなアングルでいわゆるダックスタンスと呼ばれるアングルがよく見られます。またカービングが好きな人やアルペンボードに乗っている人は ビンディングがどちらも板の進行方向を向いているカービングスタンスのアングルが多いです。

ダックスタンス

ダックスタンスのダックとはアヒルのことを指しますアヒルが歩く際にがに股で歩いていることからこのような名前がつきました。

ダックスタンスのメリットはレギュラースタンスだけでなく反対のスイッチスタンスで滑る際にやりやすいというのが一番のメリットになります

基本的にスイッチスタンスで滑る機会はあまりないのですが例えばハーフパイプやスロープスタイルなどジャンプや パークで滑る人はダックスタンスがおすすめです。

また、膝が内側に入りづらいので常に板の真上に乗ることができます。カービングスタンスだとビンディングが多少なりとも進行方向を向くので、スノーボードを装着した際に若干体が開いてしまいます。そのポジションがスタートポジションになるので ジャンプをする際にいたから体が外れてしまうということが考えられます。

ダックスタンスのデメリットは膝が内側に入りづらいということです。膝が内側に入りづらいということはカービングがしづらくなります。

正確には膝を内側に入れることは出来るのですがダックスタンスだと膝が外側を向いているため内側に入れた際につま先と膝の向きが反対になってしまいますこのような状態で転んでしまったり強い力が膝に加わることで前十字靭帯や後十字靭帯または内側側副靭帯 に負荷がかかることが考えられます。

ノーマルスタンス「カービングスタイル」

カービングスタイルとはビンディングがどちらも進行方向を向いているアングルになりますこのアングルのメリットはとにかく滑りやすいということです。ダックスタンスだと正直初心者やカービングをする人にとってあまりメリットはありません。

なのでスノーボードを始めたばかりの方やカービングしかしない人にとってはこのアングルがおすすめです。理由は後ろ足の膝が入りやすいためとにかくカービングがしやすいです。

デメリットはジャンプやグラウンドトリックをする際に少しやりづらくなるということです。

おすすめのセッティングアングル

私自身ジャンプが好きなのと、割とスイッチでも滑るので、前12、後-9にしています。

もし初めたばかりで滑れるようになることが目標であれば、前12、後、6ぐらいのどちらも進行方向を向いている角度で、極端に振りすぎないのがいいと思います。

参考動画として、ENEMYSのチャンネルからスタンスやアングルについてわかりやすくまとめられた動画がありますのでご紹介します。

【スノボ前夜シリーズ】スタンス幅の決め方
【スノボハウツー】イチバン自分に合ったスタンス幅とアングルの決め方【基礎】

最後に

今回はスノーボードのスタンス幅とアングルについてご紹介いたしました。初めにお伝えしたようにこれらのセッティングに正解はありません。

また人によって好みや体格など様々な要因が重なって決まるものなので「周りの人がこのような角度だから」と真似することはしない方がその後の上達に大きく影響を与えると思います。

一番は様々なアングルやスタンス幅を実際に試してみて自分にしっくりとくるものにするのがいいと思います。

この記事を読んでいただいた方の役に少しでも立てれば幸いです。ありがとうございました。

コメント