スノーボードHOW TO キッカー編⑥ 「CAB180(キャブ180)スイッチFs180」

How to

スイッチスタンスから時計回りに180度回転するcab180のやり方について説明します。

スポンサーリンク

cab180(キャブ180)スイッチFs180のやり方

スノーボードHOW TO キッカー編⑥ 「cab180(キャブ180)スイッチFs180」

アプローチ~スタートからボトムまで

  • スイッチスタンスでスタート
  • 慣れないうちはエッジを立てすぎないよう意識する
  • レギュラーよりも腰や膝を柔らかく
  • ヒールまたはニュートラルからトゥに乗り、ボトムの左へラインをとる
  • トゥからゆっくりとヒールに重心を移動させる
  • 前の肩は閉じたまま
  • 両肩を結んだ線が板の真上にくるようにする
  • 後ろ足から重心は変えない

ボトムからリップまで

  • 早抜けにならないよう我慢
  • ヒールに乗ることをレギュラーよりも意識する

抜け(リップの頂点)

  • レギュラーよりも意識してまっすぐ抜く
  • しっかりと軸足で真下に蹴る
  • 両肩を正面に向けて回転させていく
  • 顎を引き、目線はやや下を見る
  • 下からの反発を感じて体をコンパクトにする
  • 左手でグラブの用意をし、右肩を後ろに回して回転を先行する

空中姿勢(エアーのピーク)

  • 左手で板をグラブし体と板をリンクする
  • 右肩を後ろに回し続ける
  • 顎を引きランディングを見始める

着地まで

  • ピークまでに板を90度回し、残りの90度を着地で合わせていく
  • グラブを離して体を伸ばしていく
  • 捲られないよう、上半身を前に被せていく
  • 両足で着地する

チェックしたいこと

スイッチでラインが取れるようスイッチのフリーランをたくさんするとよいと思います。また、オーリーも逆足になるので、スイッチオーリーができることがメイクするために習得しておきたいスキルになります。

これらを踏まえて

  • オーリーを強く蹴る
  • 抜けまで板をずらさない
  • 先行もギリギリまで我慢する

ことを意識すると良いと思います。

着他はメインスタンスに戻るため、fs180よりもやりやすいと思います。

さいごに

レギュラーである程度スピンを覚えていくと、早いうちからスイッチトリックも練習し始めると、その後の上達スピードが上がりやすいと思います。低回転でもレギュラー、スイッチとも180度を回せるようになってから360にいくことがおすすめですが、好みや得意不得意もあるので好きな方向から練習するのもありです。

ご質問や感想はこちら

How to
スポンサーリンク
よろしければフォローをお願いします。
これからのスノーボードの話をしよう

コメント