スノーボードHOW TO キッカー編④ 「Backside180(バックサイド180)」

How to

時計回りに180度回転する、バックサイド180のやり方についてご説明します。

スポンサーリンク

Backside180(バックサイド180)のやりかた(キングス)

スノーボードHOW TO キッカー編④ 「Backside180(バックサイド180)

アプローチ~スタートからボトムまで

フロントサイドはトゥーからヒールに乗るラインをとりますが、バックサイドは反対でヒールからトゥーに乗るラインどりになります。

  • 両肩を結んだ線が板の進行方向と平行になるように
  • 全体的にリラックスしてエントリー
  • 前足と後ろ脚のバランスは3:7くらい

ボトムからリップまで

  • 気持ちトゥーを意識するが、ほとんどフラットでOK
  • 体をコンパクトにし、抜けに備える

抜け(リップの頂点)

  • 抜けはオーリーと同じように、真っすぐ抜ける
  • 気持ちつま先で抜けるよう意識
  • しっかりと軸足で踏み切り、真っすぐ上に跳ぶ

空中姿勢(エアーのピーク)

  • すぐにグラブしようとすると姿勢が崩れて危ないので、抜けでしっかりと踏み、下からの反発に合わせてグラブする
  • 右手と右肩を後ろに振り、回転する。

着地まで

  • エアーのピークで90度回し、着地までに残りの90度を回す
  • 着地する地点に視線を向け、板を真っすぐに合わせる。

  • ブラインドで着地

チェックしたいこと

  • 抜けは必ずトゥー(ヒールで抜けると、引っかかって転びやすいです)
  • オーリーをしてから回していく(抜けと回転にメリハリをつけるとカッコイイです)
  • エアーではコンパクトな姿勢(棒立ちだと危険です)
  • スイッチを練習する(着地の成功率が上がります)

などを意識したいです。

練習としては

  1. その場で180度回してみる
  2. 緩斜面で180回してみる
  3. ぽこじゃんで180回してみる
  4. 小さなキッカーでトライ

というように段階的に練習するのが効果的です。

さいごに

バックサイド180はスイッチ着地となるので、難易度は高くなります。フロントサイド180にも同様のことが言えますが、180度をきれいに回すことができるようになると、その後のトリックの上達スピードやメイク率が高くなります。お尻から空中に飛び出すため、始めは怖がって踏切が甘くなってしまったり、早抜けになってしまうことがあるので、段階的に練習することをお勧めします。

How to
スポンサーリンク
よろしければフォローをお願いします。
これからのスノーボードの話をしよう

コメント