スノーボードHow to キッカー編⑩ Switch Backside360(スイッチバックサイド360)

How to

こんにちは、ざびえるです。

スイッチスタンスから反時計回りに1回転するトリックのスイッチバックサイド360のやり方について説明します。

スポンサーリンク

Switch Backside360(スイッチバックサイド360)のやり方(キングス)

スノーボードHow to キッカー編⑩「Switch Backside360(スイッチバックサイド360)」

この技をする前に練習したいトリック

・スイッチオーリー

スイッチバックサイド180

フロントサイド180

バックサイド360

アプローチ~スタートからボトムまで

スイッチスタンスからエントリーします。ラインどりはトゥー→ヒール→トゥーです。

スイッチもオープンと同じようにラインどりの上手さがメイク率に影響してきます。

スピンを練習する前にスイッチのストレートをある程度練習すると良いです。

えぞっこ
えぞっこ

スイッチだとエッジを立てすぎてしまうので注意!

右側の白いマットを超える前にヒールからトゥーに乗り換えておきます。

頭があまり板から外れないように、下半身を曲げてトゥーに乗ります

ボトムからリップまで

アールの重力で板から重心が抜けないように体は板の上を意識します。フロントサイドやキャブの先行は両肩を結んだ線が板と平行になる、「肩を閉じた」状態を作りますが、バックサイドやスイッチバックサイドは反対に、両肩を結んだ線を回転方向と逆の方向に捻る「肩が開いた」状態お作ります。

抜けの前にヒールに乗ってしまうと、逆エッジになってしまい、危険な跳び方になっていますので、初めてやる方は気をつけてください

抜け(リップの頂点)

左足でリップをしっかりと踏んで抜けます。この時に左の肘を後ろに振っていきます。

先行動作が強すぎると、下半身と上半身がバラバラになってしまい、メイク率に影響してくるので、

オーリーで抜けると同じか少しだけ後に左肘を振る

ことを意識します。

えぞっこ
えぞっこ

先行動作はあくまでリード程度で、回転力はオーリーの蹴りで作ります。

空中姿勢(エアーのピーク)

180°回転する前くらいのタイミングでグラブを入れます。

グラブを入れることのメリットは

  • 毎回回転のスピードをコントロールしやすい
  • 上半身と下半身の動きをリンクさせることができ、回転する力が増す
  • かっこいい

などがあります。

えぞっこ
えぞっこ

トッププロの中にはあえてグラブをしないことでスタイルを出しているライダーもいるよ。

着地まで

目線はランディングを見続けます。

両足でしっかりと着地をしていきます。

チェックしたいこと

始めのころはレギュラースピンと比べて、

  • ラインどりが安定しない
  • 先行動作が入れられない
  • 強くオーリーができない

などがあると思います。

スイッチスピンをトライする人の多くがレギュラースピンである程度回れるようになった人が多いと思います。

なので、回し方よりも、スイッチ動作に慣れることがメイクへの近道だと思います。

えぞっこ
えぞっこ

オフトレなどでも毎回スイッチの練習を続けることで滑りに慣れることができます

さいごに

今回はスイッチスタンスで1回転するトリック、スイッチバックサイド360のやり方について説明しました。

この記事を読んで頂いた方のお役に少しでも立てれば幸いです。

コメント